LOG IN

Pink

by 幸坂かゆり

深夜、仕事部屋にしているマンションの1室で仕事が思う通りにはかどらず、オレは苛々しながらビールを飲んでいた。すると突然電話が鳴った。誰だ。こんな時間に。

「はい」

オレは無愛想に答える。

「終電に乗り遅れちゃったんだけど、今から行ってもいい?」

頼りなく響く女の声。彼女は仕事仲間の友達で、時々事務所に遊びに来ている子だ。オレの顔を見るととにかく纏わりついてくるが、それが憎めないのだから敵わない。

「今どこだ?」

「あなたのマンションの前」

慌てて窓を見ると、携帯電話を持った彼女がこちらを見つけ、手を振った。

「すぐ来い!」

「はい」

すぐに電話は切れた。まったく。このご時世、物騒な事件が多いと言うのに。

ほんの数分の間にドアフォンが鳴った。オレがドアを開けると重量感のあるデニムを羽織った下から黒い網タイツと短いスカートを纏った彼女がいた。眩しく感じるのは彼女が首に巻いたフューシャピンクのストールのせいだろうか。

「良かった。住所憶えてて。一度しか来たことがなかったから」

「随分派手な恰好だな。何してたんだ?」

「友達の誕生パーティーだったの。ドレスアップは当然でしょ?」

「ここに来るのも当然か」

「ごめんなさい。すぐ帰るから一休みさせて」

「すぐ帰るって言ったって、終電なんてないだろう。オレも酒が入ってる」

「あら、仕事中にお酒? 悪い人ね」

やっぱり適わない。オレはお手上げ、というように肩を竦め、彼女を部屋の中に案内した。

彼女はきょろきょろと物珍しそうに部屋の中を見渡した。

「ここって仕事部屋なのよね」

「そうだよ」

「色んなものが揃ってる。キッチンだってすぐ使えるじゃない」

オレは腕を組んで彼女を黙って見た。

「そんなに怖い顔しないでよ。迷惑?」

「いや、ただどうやって君を送ろうかと考えていたんだ」

彼女はリビングの中央まで歩いて、ソファに腰を下ろすと「ね。少しの間だけ思考を停止して」と、自分の人差し指を唇に当てて懇願した。急な提案だったが、それもそうかも知れない、と考え直した。今のオレは考え過ぎていて頭の中に余裕がなかった。音楽関連の仕事をしているため、休みも平日だったり休日だったりばらばらで、何よりここ最近は特に多忙で、思考を停止する、なんて思いつきもしなかった。

「君も飲む?」

「うん。ごちそうして」

オレは冷蔵庫から缶のバドワイザーを出して彼女に渡した。

「ありがと」

彼女はすぐにプルタブを引くと、形の良い唇に缶をそっと当ててビールをひとくち飲んだ。

それから部屋の暖かさに馴染んだのか羽織っていたデニムジャケットを脱いだ。思わず一瞬だけ見てから慌てて目を逸らした。ジャケットの中に着ていたのは細いストラップのシルバーグレイの、光沢のある、しかも薄い生地のドレスだったからだ。かろうじてストールが胸元を隠す役割をしていたが、どうにも目のやり場に困る。オレよりも少々年齢が下というだけで、少女という年齢ではないのだ。まったくこんな夜中に無防備だ。

「友達は帰れたのかい?」

オレは話を逸らすように問いかけた。

「パーティーは彼女の家でやってたの。彼氏と一緒に暮らしてるのよ。遅くなっちゃったから心配してくれたけど、まさか恋人同士の間に入って眠る訳にはいかないでしょう?」

オレならいいのか? と、言いかけてやめた。

「それに今、ふたりの間が複雑みたいだからお邪魔しちゃ悪いと思って。あの・・・・・・行く所があるからって言っちゃったの。ごめんなさい」

本当に済まなそうに彼女は頭を垂れた。オレは説教じみた言葉を考えていたが、最後の謝罪で言葉を飲み込んだ。

「わかった。もういいよ」

彼女はまだ俯いていた。

「大丈夫か?」

「え?」

「さっきまでの威勢の良さが感じられないぞ。どうした?」

思わぬ言葉だったらしく、彼女は動揺していた。彼は彼女の視線の迷い方を見て勘付いていた。あの元気は彼女の演技だ。何か思い詰めているのを隠している。

「あのね・・・・・・、ずっと悩んでいるの」

「ずっと?」

「ええ」

じっと見るオレの視線を感じたのか、彼女は目を逸らした。その先にビールの空き缶がいくつも転がっていた。

「すごい数ね。あんなに飲んでもギター、弾けるの?」

バツが悪かったが、いきなりの電話だったから片付ける余裕もなかったのだ。

「触ってみてもいい?」

「缶を?」

「ううん。ギター」

しまった。何を大喜利のようなことを言っているんだ、オレは。彼女は笑った。オレはいつも使っているアコースティックギターを彼女に渡した。

「あ、重い」

「君には少し大き過ぎるかな」

彼女はやっと楽しそうな笑顔になった。そして弾けもしないのに持ち方だけ整えた。偶然出た音はマイナーだった。

「やだ。お化け出そう」

オレは吹き出しながら彼女の斜め後ろに立って、メロディーを軽くつまびいた。

「すごいわ! さすがプロフェッショナル!」

「大げさ」

彼女もオレの真似をしたが、当然うまくいかない。首を傾げながらたった今オレが引いたフレーズを必死に弾こうとしている。だが手強いようだ。

「口惜しい。少しでも弾けるはずよ」

彼女のギターとの悪戦苦闘ぶりを観察するのは思いの外楽しかった。いつも生意気なコムスメがこればかりは手に負えない、といった感じか。

「なに笑ってるの」

「いや、失礼。格闘ぶりがなかなかのエンターテイナーだなと思って」

「ひどい。こっちは真剣なのに」

今の状況で真剣もへったくれもないのだが。なにしろ彼女がこんな時間にここにいるってことが既におかしいのだ。

その時、あまりにも強く弦を押さえたせいか、爪が1本折れた。彼女は小さく悲鳴を上げた。オレは慌てて彼女の手を掴んで見てみると、指先から血が流れていた。

「こんなに伸ばしてるから」

そう言いながら、オレは咄嗟に彼女の指を口に含んでしまった。彼女の指先に緊張が走ったのがオレに伝わる。

「・・・・・・あなた、血液型なに?」

「AB型」

「良かった。相性いい。飲んでも大丈夫ね」

気まずくなりそうなオレの行動に彼女はうまく切り返してくれた。自分でもなぜあんなことをしたのかわからなかった。血が止まると、とりあえずバンドエイドで応急処置をした。

「ねえ・・・・・・私の悩み事、言ってもいい?」

唐突に彼女が切り出す。

「ああ」

真剣な顔で言うものだから、つい返事をしてしまった。

「私のことをからかってばかりいる男がいるの」

「うん」

「その人の興味は音楽ばかりなの」

思わず黙った。

「音楽以外に私のことなんてちっとも興味を持ってくれないの。肩を出しても、吸血鬼みたいに血を吸っても、所詮子どもみたいにしか思わない」

折れて小さくなった指先が頼りなげに映る。

「でも優しいの。すごく優しい人なの・・・・・・。私をどう思っているのか知りたいの。ずっと前から」

「わかったよ、もう何も言わなくていい」

オレは彼女の整えられた髪をぐしゃりと乱した。彼女の真剣な、少し困ったような顔がとてもかわいい。けれど今夜はだめだ。

「そういうことは酒の入っていないまともな頭の時に言うんだな」

オレは言って髪をぐしゃぐしゃに乱した上に、ぽんぽんと軽く叩いた。

「口惜しい! やっぱり私を子ども扱いしてる!」

彼女はストールの先をオレに投げつけた。

「いて」

痛くもないのにオレは言って包むだけの抱擁をした。

オレの肩に体を預ける彼女の様子に本当は落ち着かない。けれど酔った勢いで、それこそストレス解消なんかで彼女を抱きたくなかった。しかしもちろん、彼女はそれなりに覚悟をして言ったのだろう。抱きしめるだけでちっとも先に進まないオレに戸惑った顔をしている。

だから、彼女の拗ねて尖らせた唇に小鳥のように、ちょん、とオレの唇を重ねた。一瞬だけのキス。それだけで彼女はとても驚いた顔をした。

「今夜はここに泊まっていい。ただし、何もしないぞ。後のお楽しみにとっておく」

彼女は急に恥ずかしそうに、けれど嬉しそうに笑ってオレの顔にストールをぐるぐると巻きつけた。一瞬、視界がピンク色に染まった。

「私も楽しみにしてる!」

臆面もなく彼女が言うのでオレの方が赤面してしまいそうだった。もちろん今夜はベッドを別々に使うつもりだが、先程よりも少しだけ強く彼女を抱きしめた。それは恋人への入り口の強さだ。

《 Fin 》

2006年7月22日

解説

男のモデルは思い切り大澤誉志幸さんです。何の曲から想起したのかは憶えていないのですが、彼女の方にはモデルがいて、私よりもほんの少し年上で、おしゃれで上品で、とても素敵な女性でした。もちろん内容はフィクションなので彼女と大澤さんがどうにかなったという訳ではございません(笑)ただ、彼女の井出達のみをお借りしました。書いた時に彼女に了承を得た上で掲載しております。いつも差し色を加えたファッションはとてもセンスを感じさせ、素敵でした。元気にしてるかな。そして、この物語のイメージソングはこれだ、これしかないぞ、と思い、この曲に決めました。↓

OTHER SNAPS