LOG IN

What Can I Do

by 幸坂かゆり

 そのホテルのラウンジからは、海が一望できた。

 夏に近い爽やかな気候のその日、オレは高校時代の同級生で、海外を拠点に仕事をしている友人が一時、日本に帰って来ると連絡を受け、らしくなくこんな場所で待ち合わせなんてしていた。何もこんな高級感のある場所じゃなくたって、その辺のファストフード店でもいいじゃないか、と心の中で毒づきつつも、友人がこのホテルのラウンジを待ち合わせ場所に指定して来たのだから仕方がない。気持ちを切り替えて、慣れない雰囲気の中、コーヒーを注文した。程なくして友人である彼がやってきた。

 遠目から見ても周りにさざ波を起こすほど彼は美しい姿をしていた。

 それは学生時代から変わらない。彼が歩くだけでその場はモデルのランウェイと化すようだった。その彼が軽く片手をあげてオレのいる席に来た。彼がすぐさま麻のジャケットを脱ぐと、ふわりと上品な香りが漂った。椅子に座り、足を組む。その一連の手慣れた仕草に、一瞬見惚れた。

「久しぶりだな。元気にしてたか?」

 変わらない口調で彼はオレに話しかけた。

「元気だよ」

「男二人でこんな所に昼間っからいるっていうのもおかしなもんだな」

 屈託なく彼は笑う。しばらくしてホテルの制服をきりりと着こなしたボーイがオーダーを取りに来た。

「ご注文はお決まりでしょうか」

「シェリーを」

「かしこまりました」

「飲むのか?」

「ごく軽く」

 彼は煙草に火をつけ、煙を吐くとゆっくり見渡すように窓に目をやった。

「いい天気だ。こんな日はこうしてゆったり過ごすのが一番だ」

「あっちでの仕事は忙しいのか」

「昨日までは忙しかった。でもすべて終えたし、今こうして日本に戻ってきたら安心する」

「安心ね……。たくさん泣かせてきたんだろう」

「まあな」

 臆面もなく言う。確かに彼はとにかく色んな人間を夢中にさせる。誰が見ても見惚れてしまうその長い睫毛で、相手を見つめ、いたいけな唇から紡ぎ出される言葉で相手を抱きしめ、しなやかな長い指に狂わされる。それなのに彼は容易く、糸をほどくように去ってしまう。何度、友人というだけで彼と関係を持った女性から咎められたか。とばっちりもいいところだ。けれど彼はさほど気にすることもなく、そんな自分を利用し簡単に女を弄ぶのだ。その数たるや「数えたことなんてない」などと、さらりと言ったりする。

「そんなことをやってるとフェミニストが黙っていないぞ」

「そんなことを言うやつは既にフェミニストなんかじゃない」

 そんな会話もしたことがあったな、としみじみ思い出していると彼の前に、宝石のような赤いシェリー酒が運ばれてきた。シェリーが入った透明なグラスが陽射しを浴びて、テーブルにたゆたうような影を作り、揺らめく。空調ではない自然な風が舞い込み、重厚なカーテンを震わせる。彼は頬杖をつて柔らかな表情で窓からの景色を眺めながらその風に目を細める。それだけで切ない表情になる。既に恋の雰囲気を周囲に振りまいているようだ。

「なぜ急に日本に?」

「結婚するから」

「結婚?」

 オレは驚いて思わず身を乗り出した。テーブルががたりと音を立ててシェリーが軽く踊った。彼は声には出さず、一瞬だけ目を閉じて頷くだけだった。彼の指に持ち上げられた華奢なグラスは彼の唇に口づけるようにあてられた。

「一番似合わないな。立ち入ったことを聞いて申し訳ないが、もしかしてお相手は妊娠してるのか?」

「してないよ、惚れたから一緒になりたいと思った。それだけだ」

 一体どんな相手なのだ。オレにしてみたら、彼が恋と呼ぶものなんてゲーム感覚としか考えていないんじゃないかと思っていたのだ。そんな男に結婚という決意をさせてしまう女は一体どれほどの女性(ひと)なのか。

「普通の女性だよ」

「おまえには普通に見えてるかも知れないが……」

「本当に普通なんだって。考え過ぎだよ。一緒にいたら安心するんだ」

 煙草を咥えたまま口先で笑う。憎らしいほど様になる。オレはと言えば、過去に何度か彼の「お下がり」なんて女とつき合ったことがあったが、こともあろうに振られてしまった。

「あなたは面白くない」なんてことまで言われた。たった一度、数時間ドライブしたくらいでオレの何がわかると言うのか。しかもその女は帰り際、彼ともう一度連絡が取れないかとオレに訊いてきた。プライドも何もかもめちゃくちゃになった。この男のせいで。あとでそれを話すと唇の端に笑みを浮かべて「それはお気の毒に」などと憎らしいことを言われた。

「どっちに言ってる?」

 怒りの収まらなかった当時のオレは彼に詰め寄った。

「どちら様にも」

 その時の彼も、自分の部屋のベッドに座ってやはり煙草を吸って足を組んでいた。一瞬、そのきれいな顔を殴って傷くらいつけてやったらどうかとも思った。彼は美しいが、別に空手や柔道やボクシングなどできる訳でもないのだし、多分オレが殴りかかったら普通に吹っ飛ぶだろう。普通の人間なのだから。けれどできなかった。何故だか諦めて煙草を吸い終わるまで、ぼんやりとその横顔を眺めていた。こいつはこういうやつなんだと、そう思えた。その諦めのような悟りの境地に達したような瞬間からオレは、急速にわだかまりのようなものが消えて本当に仲良くなった。

「わざわざ日本に来て結婚か。どんなでかい披露宴なんだ?」

「披露宴はしないよ。教会で挙式をしておしまい」

「相手はそんなんで納得したのか?」

「彼女がそう望んだ」

「おまえが従ったのか?」

 オレはコーヒーカップを手にしたまま、言葉が出てこなかった。そんなオレを見て彼が困った顔をした。

「普通に考えてくれよ。どんなに過去に遊んでいたって、結婚相手、増してや愛する人とはきちんと話をするだろう」

「……オレはてっきりおまえが60代になっても70代になっても女を欠かさない色男でいると思っていたんだけどな」

「考え過ぎだよ。ところでおまえは?」

「2年前に結婚した」

「おめでとう」

「2年も前だ」

「祝う気持ちに年月は関係ないさ。おまえのきれいな心を射止めた女性はどんなひとだ?」

「嫌味か?」

「まさか。式を控えた新郎にはとても興味のある話題なんだが」

 彼がそう言うと変な感じがした。

「まあ、おまえは見飽きたとは思うが、とてもいい子だよ」

「そうか、似合うと思うよ」

 何かひとこと、からかいの言葉が返ってくるかと思ったので、拍子抜けした。

「おまえは心がきれいだ。オレは学生時代、おまえのそのまっすぐで、正義感が強くて、友達を大事にする姿に、実は憧れていたんだぜ」

 しかし彼はそんな言葉も笑いながら話すので、つい、からかわれていると思ってしまう。そんな考えがばれたのか彼は急に身を乗り出し、真剣な顔をして言った。

「おい、まじめに聞けよ。オレのお遊びなんて頭のいい子にはすぐにバレたよ。自分が見えなくなって恋と勘違いしてオレに依存するような子だけが鬱陶しく会おうとしつこく言ってくるんだ。そんなことも言わず、多分オレに愛想を尽かせて、挨拶ほどの言葉しか交わさないまま、いきなり目の前から消えてしまうような上等な子はみんなおまえに目を向けていたんだ」

 そんな話は、たった今初めて聴いた。故に戸惑う。

「口惜しかったよ。中には本気で好きな子もいたんだ」

「なぜその本気をその子に出さなかったんだよ」

「出せなかったから」

 彼は俯いた。

「きれい過ぎて、壊しそうで、手を出せなくて諦めてしまった経験はないか?」

 まさか彼も人並にそんな恋を経験していたなんて知らなかった。

「……言い過ぎたな。誰にでも事情ってものがあるよな」

「まあな」

 自分もそうだ。すべて彼のせいにして来たように言ってきたが心底嫌いになれずに、こうして今、会っているのだ。今日と言う日が来るのもとても楽しみにしていた。彼もそう思ってくれていれば嬉しいと思う。

「だから、おまえも祝いだと思って一杯くらい付き合ってくれよ」

「そうするか」

 オレはコーヒーカップを脇にやり、ボーイを呼んだ。

「はい。ご注文は?」

 オレは心の中だけで呟く。

「目の前にいる彼を」

《 Fin 》

2006年5月26日

解説

こちらも大澤誉志幸さんの曲から想起した掌編で、既にタイトルも歌詞から拝借しています。当初、この掌編を以前のブログに載せたところ、「これはボーイズラブですね」と感想をいただいたことがあった。今でこそBLはジャンルのひとつとなり、気軽に読めるけれど、当時の私はボーイズラブという言葉に偏見を抱いていたので、あまり良い気持ちがしなかった。多分よくわからなかっただけのことだ。けれど今読み返すと意図的にそのように書いている部分が確かにある。けれど、恋とも違う。これはやはり自分の中では友情であり、少しだけ深い古くから付き合いのある男性への憧憬を描いたものかな、と思っております。

OTHER SNAPS