LOG IN

次のCurveまで

by 幸坂かゆり

 真夜中、彼女に呼び出された。

 呼び出しはいつも急だが、虫の知らせか、いつも5分程度で出掛けられるようにオレの準備が整っている時に連絡が来る。ジャケットを羽織って待ち合わせた場所まで車を走らせると、既にガードレールに腰を掛けて待っていた。クラクションを軽く鳴らして合図を送るとすぐに助手席に滑り込むように乗り込んできた。

「どうした? こんな時間に」

「いいじゃないの、たまには。ドライブしましょ」

 彼女は長年の女友達だ。シートに落ち着くやいなや、おもむろにバッグから煙草を取り出して火をつけた。

「まあ、いいけど……。どうせ明日は仕事も休みだし」

「それだけ? 久し振りなんだから会いたかった、くらい言えないの?」

 彼女は、けたたましく笑って言う。しょうがないやつ。オレは心の中で彼女を笑って許し、近くの海まで走らせようと思った。途中のパーキングエリアで紙コップに入った熱いコーヒーを買い、そのまま車の中で飲んだ。しかし彼女と会うのは久し振りだった。呼び出される時の理由は大抵、男とうまくいっていない時か、破局した時だ。

「で? 今回の恋愛状況は?」

「ストレートね」

「オレはいつもそうだろ」

「うん。まあまあかな」

「うまくいってるの?」

「まあね」

 驚いた。こんな時もあるのか。

「相手はどんなやつ?」

「お金持ち」

 ハンドルを握る手が少しだけ、ぶれた。

「あ。海、見えてきた」

 彼女は窓に顔をつけて、うっとりと外に目をやった。暗い水平線はそれほどロマンティックなものじゃない。月が出ていれば少しはマシかも知れないが、あいにく今夜は曇っている。月や星も見えないのに彼女は美しい景色を見ているように目を細めてリラックスして眺めていた。

「何かあったのか?」

 彼女は窓から目を離してオレを見た。

「どうして?」

「いや、何もないんなら別にいいけど」

「どうしてそう思ったの? 聞かせて」

「明らかにいつもとは違うから。君の態度が」

「そお?」

「ああ」

「そう……」

「その金持ちのやつと結婚するのか?」

「しない」

「やけに決め付けるんだな」

「気になるの?」

「別に」

 彼女は、ふっと笑った。

「できないわ。結婚してるもの。彼」

 ああ。とうとう不倫のレンアイを始めちまったのか。オレは心の中で舌打ちをした。

「何でそんな関係、続けてるんだ? 意味がないだろう」

「恋愛に意味なんてあるの?」

「あるさ」

「どんな?」

「互いを好き合っていたら幸せだろう」

「ロマンチストね」

「悪いか」

「悪くないわよ。ただ、そんな言葉があなたの口から出るとは思わなかったから」

 オレは憮然とした表情で車を走らせ、海がよく見える場所を見つけて車を止めた。

「降りてみたい」

「寒いぜ」

「いいの」

 彼女はドアを開けて冷たい風に一瞬、目を細めながらも車から降りて砂浜を歩いた。オレも仕方なく、のろのろと車から降りた。

「ちっとも寒くない」

「オレは寒い」

 彼女は口の先で笑った。

「あたし、感情がないみたいね」

 ぽつりと彼女は言った。彼女の心情を計りかねて困った。

「なあ、悩んでるんだったら吐き出しちゃえよ。楽になるかも知れないぞ」

「優しいのね」

 彼女は波に近づいて、オレに背を向けて話していたので表情が読み取れなかった。

「ね。あたし、その金持ちを愛してるんじゃないのよ」

「じゃあ、なぜ」

「自分でも判らないの。相手がお金持ちっていうのは、たまたま。でもね、触れていると安心するの」

 オレは黙って煙草に火をつけた。

「怒った?」

「別に」

「怒る理由はないか」

「怒って欲しいのか」

「そう、って言ったらどうする?」

「オレは君の両親じゃないから闇雲には怒れない。でもそれだけの関係ならやめちまえ、とは思う」

「やっぱり優しいわ、ううん。こんなバカな恋愛をしてる女なのに親切過ぎるわ。あなただけは誰も代わりにはなれないんだから」

 彼女はオレの背中から腕を回して抱きついてきた。手が冷たかった。オレはそっとその手を取って自分の手の中に包んだ。オレがどんなに気のない振りを装っても、この女にはほんの少しの動揺すらバレているに違いない。こんな状況になったらオレが断れなくなるということも。手が少しずつ汗ばんでくる。彼女に伝わらなければいいが、もう遅いか。

 その時、彼女の携帯電話が鳴った。彼女はゆっくりとオレから手を外して背中から離れた。そしてオレから少し離れた場所で電話を受けた。男からか。オレはため息をついて腕組みをした。普段よりも高い作り声。明らかに無理をして元気に振舞っている。オレには判る。オレになら、判る。

「切れよ」

 オレは彼女の前に行って唐突に話しかけた。驚いた顔で彼女はオレを見た。

「あ、ごめんなさい。今、友達と一緒なの。また近い内に……」

 彼女は電話の主に言い訳をした。まだ相手は切っていないようだったがオレは彼女の手から電話を取り上げて切った。

「どうしたのよ。そんな強引に……」

「君がそうさせるんだ。オレといる時はオレだけを見ていろ」

 オレは睨みつけるように彼女を見た。彼女もオレを見た。しばらく見つめ合った後「わかった」と言って静かに携帯電話の電源を切った。彼女は俯いていた。オレは相変わらず憮然とした表情だったが先ほどの言葉がすべてを物語ってしまった。だが確かに失いたくない存在であることは確かだ。何でも話せるという訳じゃない。けれどいつも心配だった。彼女が笑っていてくれればいい、と思っている。これ以上そばにいたらきっと今の二人の関係は形を変える。

「困ったな……」

「それはオレのセリフだ」

「お互い様ね」

「オレは今、君を女として見てるぜ。どうする?」

 彼女はしばらく下唇を噛んで考えていた。

「場所を変えましょうか」

「どこに?」

「あなたの部屋で何か食べない?」

 拍子抜けした。しかし確かに空腹ではあった。そして砂浜をサクサクと歩いて車に戻った。彼女は助手席で裸足になって靴の中に入った砂を払った。その細い足首にはアンクレットが輝いていてオレの息を苦しくさせた。オレの視線を感じていたのか振り返り「あたし、たくさん食べるわよ」と意味ありげに言った。

「オレもだ」

 どうやらもう戻れない場所を彼女はお望みのようだ。けれど戻ってどうする。前向きに、と彼女にいつも言っていたのはオレだ。進むしかない。それでも彼女の横顔の真意を計りかねた。深い色の瞳はオレたちの距離を縮めるのか、離すのか。オレは夜更けに向かって車を走らせた。

《 Fin 》

2004年11月27日

おまけ

曲がりくねった道は、まるでオレのようだ。

ずっと心に居座る女は助手席に座る無邪気な君だけ。

いきなり変わる妖艶な表情の彼女に戸惑う。

輪郭の整った彼女の未来。

ずっと疑いもせずに来たのか。

無理矢理、彼女の手から奪い取ったのは、

電話。

ベルが鳴って、オレは思わず遠くに放った。 

ルート変更だ。 

ガードレールに車を寄せて、

泣きそうな顔の彼女にキス。

ルールが壊れた一瞬の隙を狙って。

※ことばあそびです。縦に読むと「まずいりずむでべるがなる」になります。大澤誉志幸さんのアルバムタイトル「まずいリズムでベルが鳴る」から。「る」がふたつ重なっていた部分が難関でした。

解説

そのままです。大澤誉志幸さんの曲から想起した物語です。どうしても男性のモデルが大澤さんになってしまい、そのイメージからか一人称を「オレ」にしていた物語がこの時は多かったです。「オレ」と言う一人称を見つけたらその男性のモデルは大澤誉志幸さんだと思ってください。

 

OTHER SNAPS