LOG IN

Private Heaven(前編)

by 幸坂かゆり

目を覚ますと、一瞬ここがどこか判らなくなった。

国際線の飛行機の中、ナナは周囲を見渡して思い出す。こうして飛行機に乗っているのにまだ迷いがある。もう空の上だから後悔したって遅いんだけど。ナナはシートを少しだけ倒して、もう少しだけ、うとうとと軽い眠りに入った。目的地まではまだ時間がかかるのだ。

それは突然だった。

5月、連休とは縁のない仕事をしているナナにゴールデン・ウィークのことは頭になかった。いつものように健やかに眠り、朝になり、新聞を取りに郵便受けを見に行くと見た事のない封書がナナ宛に届いていた。一瞬、不審に思ったがどうせダイレクトメールだろう、と乱暴に開けた。

けれど、そこから出て来たのは1枚の航空券。しかも行き先は海外だ。ナナは慌ててもういちど宛名を見直した。どう見ても自分の名前と住所だった。そして、この字には見憶えがある。それはナナを動揺させるほど懐かしい字だった。

6月18日、グアム行き、方道航空券、予約を入れてあるというホテルの名前の走り書き。ナナは走って家の中に戻り、その航空券を胸に抱いた。心臓がうるさかった。

どういうつもりなんだろう……。

言葉とは裏腹にナナはスケジュールを確認した。6月はもちろん健やかに空いていた。

機内食が運ばれてきて、その匂いでナナは目を覚ました。

日本を出る時はあんなに迷っていたのに、食欲だけはきちんとあるなんて。ナナはそんな自分に苦笑しながら食事を受け取った。

グアムに着いたのは夜中だった。ホテル・ニュー・オークラのフロントに、ナナはおずおずと自分の名前を告げた。フロントの男性は「承っております」と微笑んだ。

「お連れの方は出掛けておりますが、すぐお戻りになるそうです。リラックスなさっていて下さい、とのメッセージです」

すぐに会えるものと思っていたナナは拍子抜けしたが、自分の気持ちを落ち着けるにはちょうどいいか、と思い直し、フロントの男性に微笑んで頷いた。

ナナが案内された部屋は、広くて涼しくて、今は暗いが日中は海が見渡せるであろう部屋だった。置かれた荷物をその辺にどけて窓辺に駆け寄りすぐに窓を開けた。潮風が頬をくすぐり、髪を靡かせた。やはり景色が楽しみだった、という気持ちに嘘はつけない。湿気の少ない風が気持ちいい。久しぶりのバカンスのような気分になったが、はた、と我に返り、窓を閉めて部屋の中をあらためて見渡した。ベッドがふたつ。

ナナはとりあえず荷物が置いていない方のベッドに座った。借りて来た猫のように体を硬くしていた。

もうひとつのベッドの上には無造作に、シャツや本が置かれてあった。あのひとのだ。すぐに判ってしまうのはナナをここに呼び出した主が好む物だったからだ。ナナは大きく深呼吸してできるだけ体の緊張を解いた。その主もこんな夜にどこに出掛けているのだろう。ナナが到着する時間を知らないはずもないのに。心細くてナナは勝手に主の物である本を手に取り、ぱらぱらと捲った。活字は目に入らなかった。すぐにベッドを離れ、独り言を言いながらもう一度窓に向かうと波の音が聴こえ、不安な中でも解放感に包まれた。

ふと、目を凝らすと、ナナのいるホテルに向かって来る人影が見えた。懐かしい猫背の歩き方。間違いなくナナに航空券を送った主である「彼」だ。

しばらくすると、案の定ナナの部屋に訪問客が来た。

「どなた?」

「アナタにチケットを送った者です」

その聞き慣れた声に、息を詰めてドアを開けた。ナナはそれでも顔を見られなくて、怯えるように下を向いていた。

「……よく来てくれたね」

頭上から降ってくる彼の声に、ようやく顔を上げた。少し痩せたようだ。けれど独特の空気を含んだ掠れた声は以前と少しも変わっていない。

「どうしてこんなことを?」

「会いたくて」

「私が来るって確信があったの?」

彼は首を横に振った。

「じゃあ何故? 騙されたらどうするの?」

「それは俺の台詞だな」

そう言って彼はドアに立ちはだかっているようにしているナナを一瞬、抱き寄せるようにどけて部屋に入った。彼の言う通りだ。騙される確率はナナの方が高い。ナナは自分の言葉を反芻して恥ずかしくなった。航空券を送る方も送る方だが、それで来る方も来る方なのだ。

「元気だったか?」

ベッドに腰かけて彼が聞いた。

「うん、あなたは?」

「この通り」

「真面目に聞かせて。どうして私を呼んだの? 券も方道じゃない」

「帰りは、君に決めてもらおうと思ったんだ」

「どういうこと?」

「……質問はとりあえず置いといてくれないかな。必ず話すから」

そう言われてしまってはナナも言い返す言葉がない。

「いつまでこのホテルをとってあるの?」

「21日まで」

じゃあ、それまでに聞けば大丈夫。ナナはゆっくり考える事にした。納得するかどうかは別として、4日間。

ふたりは随分前、恋人のようなものだった。

打ち開けあった訳ではなく、風に押されるようにふわりとふたりは一緒にいた。彼は芸術を職業にしている人で、それが縁で出会った。彼はとても我儘で純粋だった。普通に話をしている時ですら傷ついてしまうことがあった。ナナはその度に自分の感性が鍛えられるような気がして身を引き締めていた。ある日、彼の作品が話題になり、忙しくなってふたりは会えなくなった。その後、突然彼は姿を消した。色んな人が勝手な噂を流したが、元々テレビなどに出ない人だったので翻弄されて疲れてしまったのではないか、とナナは考え、連絡が来るのを待った。そうしてひたすら待っていたナナだったが、痺れを切らして彼に電話をした。

しかし、電話は解約されていた。それきりだった。

気づくと、彼がシャワーを浴びる音が聴こえた。久し振りにひとつの部屋で眠るのだ。ナナは緊張した。しばらくすると彼がシャワーから出て来てナナにも促した。

「すごくお湯の温度が気持ちいい。落ち着いたら一杯付き合って。待ってるから」

「うん」

何よ。ここに来させた理由も話さない人とは何もしないわよ。ナナは心の中で彼に舌を出した。シャワーの湯は彼の言うように本当にいい温度だった。うっとりしながらゆっくりシャワーを浴び終え、ナナは持って来たワンピース型のルームウェアに着替えてバスルームを出た。

彼は白いシャツを羽織り、ベッドを背に、床に座って小さな音で音楽を聴いていた。心地良い素晴らしいボサノヴァだった。ナナも彼の横に腰を下ろした。

「いい曲ね」

「うん。大好きなんだ」

「誰?」

「カエターノ・ヴェローゾ」

「ふぅん」

ナナと彼はしばらく音楽に身をまかせていた。

「黙って消えてごめん」

急に彼が切り出した。驚いたナナは何か言おうとして口を開いたが、その瞬間、涙が溢れた。自分でも驚いて慌てて口元を抑えた。

「ナナ、ごめん」

彼はナナの背中を優しくさすりながら謝った。

言いたいことや聞きたいことは山ほどあるのに言葉が出ない。ナナはずっと恋人を作らなかった。作れなかったのだ。長い間、彼は見えない何かでナナの恋愛の自由を奪っていた。

「私も会いたかった、ずっと。ひどい。ひとりにするなんてひどい」

ナナは彼に想いをぶつけた。

「ごめん、時間をかけ過ぎたよな。本当にごめん」

ナナはそれ以上、彼を責めたりしなかった。それに正直に目の前で語ってくれようとしている人をもう本気で憎んだりもしていない。ヴェローゾの曲がふたりを優しく包んでいた。

後編へ)

OTHER SNAPS